FXで損失を大きくしないために

FXで損失を大きくしないために

ビジネス系や投資系の雑誌を読むと、必ずと言っていいほどFXに関することが掲載されています。10万円を数年で1億円まで増やした人の体験談などが載っており、魅力的に感じるでしょう。自分にもできる考え、始める人も増えています。

初心者に便利な注文方法を知っておこう

自覚しておかなければいけないのは、誰しもがしばらくの間は初心者と言うことです。これを忘れないようにしなければいけません。初心者なのに、無茶な取引をするのはNGです。とくに、フルレバレッジでの取引は絶対にやめましょう。初心者の間は、できれば3倍までにとどめておきたいです。FX初心者は利益を追求することばかり考えてはいけません。大事なのは大きな損失を出さないことです。いかに資金を減らさないようにするかが重要になってきます。まずは、損切りの方法を徹底的に頭に叩き込みましょう。損切りの考え方は色々です。しかし、OCO注文を覚えるといいでしょう。OCO注文は持っているポジションに対する注文方法としては、利益確定と損切り同時に発注できる利便性の高い注文方法です。初心者の心強い味方と言ってもいいでしょう。

機械的にOCO注文を入れられるようになること

記事のイメージ画像

OCO注文は、たとえば100円で買った通貨が101円になったら利益確定、99円になったら損切りと言う風に注文することが可能です。しかし、初心者は利益確定の売り注文が約定したら、99円の損切りの売り注文が残り、新規のポジションが建つのではないかと不安になるかもしれません。その心配は不要です。片方が約定すれば、もう片方は自動的にキャンセルされます。ポジションを持ったら、機械的にOCO注文を入れるようにしましょう。損失を抑えられるありがたい注文方法です。ほかにもいくつかの便利な注文方法があります。しかし、OCO注文をマスターしてから覚えるようにしましょう。マスターする前にIFD注文やIFDOCO注文に手を出すと、混乱してしまう可能性が高くなるので注意することです。

1000通貨トレードが基本です

FXで損失を大ききくしないためには、リスクを極力低くしたトレードをする必要があります。レバレッジを低くすればいいと言うだけではありません。取引数量のことも考えましょう。初心者がいきなり10万通貨や100万通貨でトレードするのはタブーと考えるべきです。1万通貨でもリスクが高いでしょう。1000通貨トレードを基本とすることです。ちなみに、口座開設のステップでつまずく人もいますが、昔より簡単になっています。分からないと言うのは、ちょっと見て難しそうと思い込んでしまうからでしょう。きちんと説明を読めば簡単に口座開設できることに気づくはずです。

まとめ

レバレッジを低く抑え、取引数量は1000通貨を基本にし、OCO注文をマスターすれば、長い間退場させられずに済むでしょう。また、しっかり練習することも重要になってきます。デモ口座で腕を磨くようにしましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

FXのやり方では買いからも売りからも始められるメリットがある
FXを始めるときは取引時間に気をつける
FXの始め方と初心者に勧められるやり方
FXのシミュレーションはいろいろな目的で使える
FXを始めるなら自分の手法を見つけよう
FXの仕組みは証拠金を利用した信用取引
口座開設し、担保に証拠金を預けて始めるFX投資はリスク、リターンと表裏一体の取引
FXを攻略するならチャート分析が基本
FXの必勝法はリスクを意識して人の心理を入れない
FXではテクニカル分析をすることが重要
FXトレーダーが気になる複利とは
FXの練習はどのようにして行うのか
FXは証拠金取引と言うのが特徴のひとつ
FXで副業をする際に気を付けたいこと
FXで稼ぐには売買と保有し続ける方法がある
FXは少額から誰でも始められる時代に
FXのトレードはスマホでも行う事が出来る
FXは自分の生活にあった方法を選ぼう
損失を伴うFXで、できるだけ負けることがないようにするには
FXは難しいよりも簡単な方がいい
FXをスタートするときは資金に気をつけよう
FX取引をする上で使用して損はないツールがあります!
FX取引で高い利益を出したい人は海外業者を選びましょう
FXではレバレッジやロスカットの計算が必要