口座開設し、担保に証拠金を預けて始めるFX投資はリスク、リターンと表裏一体の取引

口座開設し、担保に証拠金を預けて始めるFX投資はリスク、リターンと表裏一体の取引

記事のイメージ画像

各国の取る政治、経済、金融政策等のグローバルな動向を見ながら政府の取る政治、経済対策あるいは中央銀行の金融政策により政治、経済状況や景気動向が動き、経済関係指標が上下に変わりますが、その一翼を担う為替政策で国内の金利動向が振れる変動差を利用する取引がFXですが、この取引を行う専門業者か証券会社に口座開設する必要があります。

関係機関の事前予測と実態報道との差異で上下する為替

国を別にしている企業や個人同士が債権、債務を決済するのに為替が利用されますが、金利の変動や景気の良し悪しで外国通貨に対する自国通貨の価値が上下するので、決済時点の為替次第で決済した金額が変動します。この変動差を利用して行われる通貨取引が外国為替証拠金取引ですが、この英語名(foreign exchange)を省略してFXと言います。各国の取る政治、経済、金融政策に基づいて変化する国内の政治、経済状況や景気動向あるいは、中央銀行の金利政策に対して関係機関の事前予測と実態発表との差異により経済関係指標が大きく変わるとその影響を受けて為替も上下に大きく変動するので、この取引の利益や損失が大きく振れるわけです。

平日なら24時間、自分の自由時間に可能な取引

FXを行うにはこの取引の専門業者か証券会社に口座開設し、証拠金を担保として預ければ初心者もプロに混じって取引を開始できます。口座開設は業者のウエブサイト上にて無料で手続きできますが、マイナンバーが必要になります。なお、株式投資する人が証券会社に口座を開設していても、その口座とは別にFX専用に口座開設する必要があります。また、株式投資のように証券取引所があるわけでなく、世界中でどこかの銀行がオープンしていれば取引できるわけですから、平日なら24時間、自分の自由になる時間に取引が可能です。FXは預けた証拠金の何倍もの取引ができるので、初心者が少額の証拠金を預けただけでも為替変化次第で大儲けすることもあれば逆に大損することもあります。

FXはリスクとリターンの表裏一体となった投資

FXもれっきとした投資ですからリスクとリターンがついて回りますが、中でも自己資金の何倍も投資金を増やせるレバレッジ取引で大儲けになることと大損することのどちらにもなる可能性があります。過去には数百倍のレバレッジにより大きな富を得た人と共に丸裸になってしまった人も出たため、現在、国内の取引では25倍を上限としています。国内ではGDPや日銀の短観、あるいは完全失業率等の雇用指標が特に為替変動に影響する度合いが強いと言われているので、この取引の初心者は国内外の政治上、あるいは経済上の変化にも常に注目しながら各々のトレンド変化に気を付けておく必要があります。従って、リスクとリターンが表裏一体となった取引なので仕組みを十分知った上で取引する必要があります。

まとめ

株式の取引に使う証券口座とは別の口座を設定して行う為替の取引では国内外の政治、経済、金融状況を見て各国の取る政策や金融対策によって金利変動を生じるので、その差を利用して利益を得ようとするFX投資ではレバレッジを使って大儲けすることと大損するリスクとリターンの表裏一体となった取引の仕組みを理解して行うことです。

比較ページへのリンク画像