FXの仕組みは証拠金を利用した信用取引

FXの仕組みは証拠金を利用した信用取引

FXの仕組みとして、証拠金を使った取引があります。レバレッジを利かせれば大きく利益が出るので、人気のある投資になっています。慣れないうちはレバレッジを低めに、慣れてくれば少しずつ上げるようにすれば効率よく儲けられます。

取引に応じた証拠金を預けて行う

一般的な投資の場合、投資先の資産に応じたお金が必要です。100万円の定期預金なら100万円必要で、株式などでもそのお金を用意しないといけません。FXの仕組みとしては証拠金を預けて行うようになっています。信用取引になるため、実際に投資するお金を用意する必要はありません。各通貨ごとに証拠金が設定されているので、最低そのお金を用意すれば投資ができます。レバレッジを高くすればよし少ない資金で投資をすることができますが、あまり資金を少なくし過ぎるとロスカットにかかりやすくなるので注意が必要です。一定の余裕を持たせる必要があります。

レバレッジを高くすると効率よく利益が得られる

1米ドルが100円の時1万ドルを買うとき、通常は100万円が必要です。そして101円に上がると資産は101万円になります。ですから1万円の利益が出ます。FXの仕組みではレバレッジがかけられるので、効率よく利益が得られるようになります。レバレッジ2倍の時は、通常の半分のお金の証拠金で投資ができます。50万円で1万円の利益を得ることができます。最高25倍のレバレッジを書けることができるので、4万円で100万円分の投資をすることもできます。この時に1円動けば4万円で1万円の利益が得られるのでかなり資金効率が高くなります。相場に応じて証拠金を調整すると良いでしょう。

ロスカットに注意して証拠金を管理する

外貨預金などで投資をするとき、100万円分の投資に100万円を用意します。相場が急激に下がったとしても、保有している資産以上に価値が下がることはありません。しかし、FXの仕組みとしてレバレッジをかけることが可能です。高いレバレッジだと、証拠金が損失を下回ることもあります。それを無くすために各社はロスカットルールを設定しています。一定の損失が出た時に自動的に決済されてしまいます。一旦決済されるとその後に相場が戻っても損は戻らないので、ロスカットにならないよう注意しましょう。マージンコールと呼ばれる注意喚起があるので、証拠金を上積みして対応します。

まとめ

FXは、証拠金を利用した信用取引の仕組みになっています。そのため少ない資金で大きな資産の取引が可能になっています。資金効率がいい反面、相場が思惑と逆に進むとロスカットになる可能性もあるので注意が必要です。

比較ページへのリンク画像