FXではレバレッジやロスカットの計算が必要

FXではレバレッジやロスカットの計算が必要

FXは、通常の現物取引とは異なるので、レバレッジやロスカットの計算が必要です。知らないうちに損切されないためにも、証拠金を管理しておく必要があります。利益が出た時は申告が必要で、利益管理もしておく必要があります。

レバレッジの管理はどうやって行うか

FXをするとき、必ず出てくるキーワードとしてレバレッジがあります。1倍から25倍まであることを知っている人はいるでしょうが、そもそもレバレッジは何なのかわからない人もいるでしょう。計算方法としては、1倍は実資産通り、2倍は実資産の2分の1と考えればわかりやすいです。100万円分の投資をするとき、1倍の時は100万円の証拠金を入れます。2倍なら50万円です。その方法で行うと、25倍の時は25分の1の4万円の証拠金で良いことになります。通貨や業者によって微妙に取り扱いが異なる場合がありますが、おおむねこの方法で行えます。

ロスカットのポイントの決まり方

FXを行うとき、十分証拠金を入れていればロスカットの心配はいりません。ロスカットは、保有資産の含み損が証拠金の一定割合になったとき、自動的に決済される仕組みです。70パーセントや50パーセント、その他のパーセントが設定されることがあります。計算方法としては、通貨ごとに行うか総資産で行うかがあります。証拠金は各口座で一つですが、複数の通貨を持っているときに全てが大きな損出ないこともあります。通貨ごとの場合は、その通貨での含み損が一定額になったときに発令されます。総額の場合は一気にロスカットされることもあるので注意しないといけません。

売買取引から税金までを知っておく

記事のイメージ画像

FXは、為替の動きを利用して利益を得ることが可能です。初心者の場合はなかなか利益が上げられないこともありますが、慣れてくれば少しずつ利益が出てきます。利益の計算方法として、売買益とスワップポイントを足し損と手数料を引くことになります。最近は手数料がかからない業者が多くなっています。無事1年間で利益の方が多くなれば所得になります。この時は雑所得として税金がかかるので申告が必要になります。利益が出た時にも申告が必要ですが、損を申告しておくと将来の利益と通算できる場合があります。損益通算できて、税金を減らせる場合があります。

まとめ

FXで出てくるキーワードとして、レバレッジとロスカットがあります。計算方法を知って取りh気をする必要があります。利益が出た時には所得になるので、所得税の申告が必要です。損を申告しておくと、将来の利益と通算することができます。

比較ページへのリンク画像