FX取引で高い利益を出したい人は海外業者を選びましょう

FX取引で高い利益を出したい人は海外業者を選びましょう

近年はFX取引をする人が非常に増加しています。しかしながら、すべての人が高い利益を生み出しているわけではありません。ツールや業者を適切に選んで活用することが利益につながります。業者を選ぶときは海外の業者をおすすめします。ここでは業者の選び方について詳らかにしていきます。

400倍クラスの海外業者を選ぶことです

FXで高い利益を得ようとすれば、日本国内の業者よりも海外の業者を選んだ方が良いです。しかしながら、どこの業者でもいいのかというと、そうではありません。業者を選ぶときにはレバレッジが最大規模のところがおすすめです。具体的には400倍クラスのものを提供しているところがいいでしょう。大きいレバレッジを利用すればするほど、その分だけ大きな利益を生み出せます。たとえば、レバレッジが400倍の口座に10万円を入金します。その10万円はレバレッジによって元手の400倍の取引ができます。つまり、10万円というお金で4000万円もの取引ができるということです。このように大きなレバレッジを利用すれば資金が少なくても大きな取引ができるので、より高い利益を狙うことができるのです。

為替レートを利用して儲けを出せます

レバレッジが大きければ為替レートを利用して利益を生み出すことも可能です。具体的に書きますと、1ドル100円のときに200倍のレバレッジを利用すると10000円で2万ドル分を購入できます。円安になって1ドル125円になると25円×2万で50万円分の利益が発生します。つまり、1万円の元手で50万円も稼ぐことができるということです。レバレッジはFXという分野において非常に重要視されていますが、400倍ものレバレッジを利用できる口座は日本国内にはありません。日本では25倍までという規制があるからです。利用したいのであれば海外業者を利用しましょう。

強制ロスカットを回避することもできます

レバレッジの大きい海外FXを利用するとロスカット対策にもなります。たとえば、400倍のレバレッジの口座であれば口座内の証拠金は取引金額の0.25%以上という規定があります。0.25%未満になると強制ロスカットの対象になります。ただし、この400倍というのはあくまでも上限です。たとえば、当該口座で10倍のレバレッジを使ってもいいのです。しかも、その際の証拠金の割合は0.25%のままです。たとえば、10万円で10倍のレバレッジを使うならわずか2500円口座に入っていればいいだけです。ロスカット対策にもなるのでレバレッジはできるだけ大きいところを利用するのがおすすめです。

まとめ

FX取引で利益を生み出そうとするときには、レバレッジの大きい海外業者を選ぶことがおすすめです。大きな取引が可能ですし、為替レートの差を利用するだけで高い利益が出るチャンスがあります。ロスカット対策にもなるので、興味がある人は是非利用してみましょう。

比較ページへのリンク画像