損失を伴うFXで、できるだけ負けることがないようにするには

損失を伴うFXで、できるだけ負けることがないようにするには

FXで負けることは誰でも良くあることです。どんなに熟慮して慎重にトレードを行っても、意に反して為替が逆に動くことがあります。どうすれば負けずに勝ち続けていけるかは、各トレーダーの運と手腕に委ねられます。

FXはとてもリスクがあるものです

FXを始めるからには、FXで稼ぎたいと思ってやっている人しかいないでしょう。誰も損失を出したいために始める人はいません。しかしながら、結局損失をだして、辞めてしまう人が多くいます。中には何年も利益をだしながら、わずかな期間で、含み損が大きくなりすぎて自動的に行われる強制決済である強制ロスカットにかかり、今までのFXで稼いだ利益を全て失くしてしまうケースの人もいます。せっかく仕事をして手に入れたお金を証拠金としてFXを初めても、そのお金のほとんどを失くしてしまう人もいます。それほどリスクを伴うものです。

FXの必勝法はないといってよい

有名なトレーダーでも、予想をはずすことはあります。よって、先生と呼ばれるような有名なトレーダーがブログなどで書いてあるとおりにトレードしたり、手法を真似をしてトレードしても決して稼げるものではありません。テクニカル分析でローソク足や移動平均線などを見て判断して、トレードしても損失を出すことはあります。経済指標などから判断するファンダメンタル分析でおこなっても損失を出すことはあります。けっして、100%絶対に儲かるというタイミングをないです。FXに関する講演会にいったり、本を読んだりして勉強しても必ず儲かるものではないです。

できるだけ損失を出さないようにするには

FXで負けることがないようにするには、一つは無理をしないことです。FXは為替を買うこと、売ることの他に休むということが大事です。どういうことかと言うと、場合によって為替がどう動くか見極めるために、いくらかの期間、様子見をすることです。しかしながら勝ち続けて調子にのっているときは、慎重さも薄れてしまい様子見もせず、軽はずみにトレードしていまい結局、今まで稼いだ以上に損失を膨らませてしまう場合がありますので注意が必要です。また、証拠金が少なく、レバレッジが大きいと強制ロスカットになりやすいので、十分な資金と適正なレバレッジで行うことが負けることないようにするコツです。

まとめ

FXは誰でも一年のうちに何回かは失敗して損失を膨らませます。その時に、損失を少なくするためには、為替が戻るのを信じて何日間から何ヶ月間か待つか、損切をするかの判断をしなければなりません。その判断が稼ぐことより大切です。

比較ページへのリンク画像