FXは少額から誰でも始められる時代に

FXは少額から誰でも始められる時代に

FXとは日本語では外国為替証拠金取引と言います。株などと違い、日本時間の夜間でもパソコンやスマートフォンがあれば気軽にできる投資として多くの人に浸透しつつあります。しかし、投資と聞くと大きな元手の資金がない人には縁のないものと思いでんている方はいませんか?FXであれば驚くほどの少額からでも始められるのです。

どのくらいの少額から始められるのか

FXを始めたくてもどうしていいかわからないという方、まずは口座開設を行う必要がある事を覚えましょう。証拠金取引という名称であるくらいですから一旦FX業者に資金を預けないといけません。そこで必要となるのが口座に入金する資金ですが、今の時代のFXは1単位での取引も可能ですので100円もあれば投資に参加する事ができるのです。まさかというべき少額ですよね。しかし、どの業者でもこの金額から対応しているわけではありませんので、始める前にどの単位から対応しているのかを確認して慎重に業者を選びましょう。最近はここまででなくともお小遣いの範囲の少額で充分な業者がとても多いです。

元手の心配がなくなった後はいざ口座開設へ

FX業者が見つかった後は実際に口座開設ですが、これもそんなに特殊で難しい作業が待っているわけではありません。銀行の口座を開設したことがみなさんありますよね。まさにそれと同じ感覚で考えて下さい。インターネットでFX業者のサイトから新規口座開設のフォームへと移動し、後は必要事項を入力してから身分証明の提示です。身分証明は運転免許証などが一般的ですが、これは撮影した画像をサイトからアップロードするか、コピーを郵送するかで完了です。簡単ですよね。口座開設が完了すればパスワードなどが発行され、郵送で情報が送られてきますので、サイトからログインしてこれであなたも個人投資家の仲間入りといった感じです。

トレードツールの使い方を覚えよう

FXはただ上がった下がったと視覚で見て追っかけて行っても利益を出すことができません。必ず自分なりのトレードルール、手法というものを構築してひたすらブレずに実践する必要があります。そのルールを作るにしても絶対的に必要なものがテクニカルチャートです。テクニカルチャートは多くのデータなどに基づいて為替の動きを予測するツールです。今はどのFX業者であっても視覚的に見やすいテクニカルチャートを配信してくれています。多くの情報やツールに触れて自分にあった手法を見つけてください。そのには根気は必要です。ビギナーズラックがあっても本当の利益を出せるようになるにはメンタルが投資向きに完全になる必要がありますし、その道は簡単には開けない事も覚えておきましょう。

まとめ

以上のような事からFXを始める事はそこまで敷居の高いものではない事がお分かりになったのではないでしょうか。だからこそ、少額から始めましょう。投資で利益をコンスタントにあげる為には負けを経験する必要もあり、そこから学ばなければ勝利には至りません。多くの敗戦から学ぶ為にもデモではなく、少額でも生きたお金でトレードを行う事が一番なのです。

比較ページへのリンク画像